セブン・イヤーズ・イン・チベット

弁護士 牧野誠司

知る人ぞ知る名作です。

 

ブラッドピットが美しい映画といえば,この映画か,リバーランズスルーイット,ジョーブラックをよろしく,あるいはデビルですかね。

 

この映画は,まさに,「マイウェイ」の否定と,自分より他者を思いやって生きる生き方への転向がテーマになっている映画です(と私は勝手に理解しています)。資本主義の否定あるいは修正の映画とも言えるかもしれません。

 

自分の生き方を否定したり,修正することって,勇気がいりますけど,大事なことだと思いますし,マイウェイが大事っていう資本主義社会の中で,気づかれないといけない価値観・考え方だと思います。

 

とにかく,ブラッドピットと,山岳地方の美しさが十分に映し出されていて,上記のようなテーマが自然に心にしみてきて,「映画を観たな~」という満足感も与えてくれる映画です。

 

中国とチベットとの政治関係は私には分かりませんでしたし,今もあんまり分かってないですけど,この映画はすごく心にしみた記憶があります。自分を高める,自分の生きたいように生きることが大切なんていう考え方は,この数十年,長くてもたった100年で強くなったにすぎないちょっと異常な考え方ですし,自分より偉大なものがある,自分はちっぽけなものだという考え方の方が,ずっと真理に近いように思います。それを,説教臭くなく,美しく,ポジティブに伝えてくれる映画でした。

 

裁判でも,大事なのは,「伝える」ことではなく,「伝わる」ことでして,裁判官の立場(her or his way)が大事なのであって,my way だけでは「伝わらない」ので「勝てない」んですよね。勝ちたければ,her or his wayを尊重することです。

PROFILE

牧野 誠司

弁護士牧野 誠司

どのような事件に対応させていただくときでも、「牧野弁護士に依頼して良かった」と言っていただけるよう、そのご依頼者のために最良の解決を目指して努力させていただくことを日々の指針としています。

弁護士 牧野誠司のその他のコラム

一覧で見る