弁護士法人化

弁護士 牧野誠司

新年明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

当事務所は,本年1月より,弁護士法人化し,「弁護士法人 伏見総合法律事務所」の名称のもと,業務を開始させていただきます。

 

法人化することについてのメリット,デメリットについては諸説ありますが,当事務所としては,この法人化を機に,弁護士及びスタッフのプロ・職人意識をさらに高め,今まで以上に良い仕事をしていけるように努力を重ねたいと思っています。一個人事務所,ではなく,良質の法務サービスを安定的に提供できる「職人企業」を目指したいと思っています。

 

弁護士法人化することで,複数事務所を保有することができるようになるという制度上の利点がありますが,当事務所は,即座にそのような拡大を実施することは考えておらず,まずは,現在のご依頼者の皆様や,社会との接点を大切にしつつ,全国そして世界に通用する力を蓄えたいと考えております。

 

そして,世界への力を蓄えるという意味で,まずは,世界の弁護士が集まる弁護士サッカーワールドカップ(ムンディ)への参戦を果たしたいと思っております。・・・・サッカーで世界に通用しても仕方ないだろという声が聞こえてくるようですが,ムンディは,決してサッカーだけの場ではなく,スポーツ法務への見識を深めるとともに,世界の弁護士との情報交換,交流の機会を得る場として非常に重要ということですね。なるほどなるほど。

 

本年も,何卒よろしくお願い申し上げます。ご依頼者と,社会のお役にたてるよう,引き続き,精進致します。

 

PROFILE

牧野 誠司

弁護士牧野 誠司

どのような事件に対応させていただくときでも、「牧野弁護士に依頼して良かった」と言っていただけるよう、そのご依頼者のために最良の解決を目指して努力させていただくことを日々の指針としています。

弁護士 牧野誠司のその他のコラム

一覧で見る