個人様向けご相談事例

法人様向けご相談事例

各種訴訟

原告事件

当事務所は、裁判(訴訟事件)については専門的に力を入れて取り組んでいます。

当事務所所属弁護士は、過去に、数十億円規模の訴訟を提起して、その債権のほぼ全額回収に成功した経験もありますが、思い出深い事件として、以下のような事件もあります。

相手方が請負代金を支払ってくれなかったケースで、契約書もなかったことから、相手方は契約の成立事態を争ってきて、1円も請負代金を支払ってきませんでした。そのような態度ですので、裁判(訴訟)をするほかないとのことで、やむなく訴訟を提起し、裁判では、「契約は締結していないけれども、契約締結上の過失(交渉過程における過失)があるとして相手方に責任を追及できないか」ということが争点になるように思われました。しかし、さまざまな主張立証を尽くし、尋問で相手方の弱点をしっかりと攻めたところ、裁判所は、契約書が締結されていないのに契約の成立を認め、2000万円以上の勝訴判決を得ることができました。その後、その判決通りの支払いを得ることができ、ご依頼者にも喜んでいただくことができました。この事件では、若い段階では1000万円台の和解を提示していたのですが、それが決裂した結果上記のような結果に至ったので、印象深い事件でした。

各種訴訟のその他の事例