弁護士紹介

弁護士野田 俊之

中学生の頃、ある冤罪事件の報道に触れ、「こんな理不尽なことがあってはならない、困っている人の助けになりたい。」と思い、弁護士を志しました。

弁護士となった今も、初心を忘れることなく、目の前のご依頼者に寄り添い、問題を解決することのできる弁護士でありたいと考えております。そして、ご依頼者の皆様に何でも気軽に相談していただけるような、親しみやすい弁護士でありたいと考えております。

まだまだ未熟ではありますが、最良の仕事を提供すべく日々精進して参る所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

野田 俊之

詳細情報

主な取扱分野
一般民商事、家事、刑事、少年事件
経歴
  • 2007(平成19)年3月

    明星高等学校卒業

  • 2008(平成20)年4月

    京都大学法学部入学

  • 2012(平成24)年3月

    京都大学法学部卒業

  • 2012(平成24)年4月

    京都大学法科大学院入学

  • 2014(平成26)年3月

    京都大学法科大学院卒業

  • 2014(平成26)年9月

    司法試験合格

  • 2014(平成26)年11月

    司法研修所入所(実務修習地:京都)

  • 2015(平成27)年12月

    司法修習終了(68期) 弁護士登録(京都弁護士会)

  • 2016(平成28)年1月

    弁護士法人伏見総合法律事務所入所

取扱言語

日本語、英語

趣味等

法科大学院在学時からマラソンを始め,今までに3回フルマラソンを完走しました。現在も,4時間半を切ることを目標に,時間を見つけてジョギングをしています。
また,司法修習生の頃からゴルフを始めました。その他,食べ歩きや旅行も趣味の一つです。