企業理念

当事務所は、ご依頼者に対し、「法律事務所として最高・最良の仕事を提供すること」を目標としております。

この目標を実現することは容易ではありませんが、当事務所に所属する弁護士及びスタッフは、日頃より自己研鑽に励み、ひとつひとつのご依頼について、「ご依頼者のためにより良い手段はないか。ご依頼者のために他に何かできることはないか。」ということを常に自問しながら取り組むことで、この目標を実現するという志をもって業務に臨んでいます。

また、ご依頼者の中には、個人であっても企業であっても、精神的な苦境の中で法律事務所を訪れる方もたくさんいらっしゃいます。当事務所は、そのような方々にはできる限りの安心をご提供することも、法律事務所としての重要な役割であり、法律事務所の仕事の一部であると考えております。したがって、最高・最良の仕事を提供することを理念とする当事務所は、その理念を実現するため、常にご依頼者の方々が話しやすく、親しみやすい法律事務所でありたいと願っております。

そして、当事務所は、ご依頼者の目先の利益を追求するあまり、法の理念や道徳に反する手段を選択するようなことは、断じてあってはならないと考えております。法の理念や道徳に適う選択をすることこそが、ご依頼者にとって「最高・最良」の選択であると信じるからです。

当事務所のスタッフは、弁護士法第1条の使命を忘れず、より良い法律事務所たらんと努力するものです。