弁護士玄政和

「著作権フリー」にご注意

WEBクリエイター等のお客様から、

「著作権フリー」という表示があるサイトの画像は、自由に使ってもいいんですよね?

といった内容のご質問を受けることがよくあります。

確かに、「著作権フリー」と銘打っているサイトの画像の多くは、WEB記事やホームページの作成の際の素材として自由に使用することができる場合が多いことは事実です。しかし、中には「著作権フリー」とされているものの、詳しい条件が利用規約等で定められていて、当該利用規約等に従った使用が求められている場合も多くあります。

たとえば、写真素材のすべての被写体から許諾を得て撮影しているものではないため、必要に応じて、被写体が特定されないように トリミング、加工、合成、変形または変換することを求めるものや、二次配布の際のクレジット表記を求めるもの、写真素材を他のストックフォトサービスに提供する利用や、公序良俗に反する利用、写真素材を直接リンクする利用等を禁止するもの等があります。

また、不特定多数の者が自由に「フリー素材」として画像を投稿することができるようなサイトの場合、著作権者ではない第三者が、著作権者の許諾を得ないままに無断でアップロードした場合等、著作権者の許諾を得た画像のみがアップされているとは限らないという問題があります。

上記のようなトラブルを可能な限り避けるためには、当該サイトの利用規約を注意深く確認するとともに、ダウンロードした画像やイラスト等を利用する前に、その素材が第三者の著作権を侵害していないかどうかを調べることが望ましいです。可能な方法としては、ダウンロードした画像やイラスト素材を画像検索で検索してみて、ダウンロードサイト以外の別の場所にアップされていないかどうかを確認することにより、
一定の目星をつけることが考えられます。

例1)画像検索の結果、オリジナルと思われる画像を掲載したホームページやWebサイトが見つかった場合は、そのホームページやWebサイトに掲載されていた画像を、第三者が無断でサイトにアップロードした可能性がある

例2)画像やイラストのフリー素材のダウンロードサイトからダウンロードした素材が、別の有料ダウンロードサイトにも掲載されていることを発見した時は、第三者が有料ダウンロードサイトからダウンロードした素材を、無断でサイトにアップロードした可能性がある

弁護士玄政和のその他のコラム

一覧で見る