弁護士 森下裕

商標権のハナシ① (知っているようで知らない商標って何?)

皆さん一度は「商標」という言葉を聞いたことがあると思います。「商標」とは、商品についていて、勝手に使われた場合にパクるな!と言えるものとイメージしている方が多いと思います。

 

しかし、商標というのは、皆さんが思っているイメージと少し違うところがあります。

このコラムでは、商標とはなにか?というところから、数回に渡って商標について書いていこうと思います。

 

まず、商標とは、法律上、以下のように定義されています。

 

商標法2条1項

この法律で「商標」とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの(以下「標章」という。)であつて、次に掲げるものをいう。

一 業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの

二 業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)

 

これを見ても全くイメージが湧きませんが、これを少し整理すると、世の中には(国語的意味の)「標章」いわゆるマークがあって、その中に(商標法上の)「標章」があり、さらにその中に業として商品又は役務に使用する「商標」があると言うことになります。

 

かなり噛み砕いて説明すれば、仕事上の商品またはサービスについて使用するマークということになります。

 

この商標は、特許庁で登録をしなければ権利として発生しません。ですので、一般的に商標とイメージされるものは、法律上「登録商標」(商標法2条5項)と言われるものです。

 

次に、「登録商標」といえども、ありとあらゆるものに対して、使用を禁止することは出来ません。なぜなら商標を登録する際には区分というものを決めなければならず、商標で保護されるのは、登録した区分の範囲内になるからです。

現在商標の区分は45に分かれていて(商品について34区分、役務について11区分)多くの区分が存在します。例えば、有名なチロルチョコは、「チロル」や「チロルチョコ」という文字で、第30類(菓子及びパン)で商標登録がされています(登録番号第529702号等)。

チロルチョコの「チロル」という商標の及ぶ範囲は、お菓子とパン(及び類似するもの)についてにとどまります。実際に「チロル」という商標は他に登録されていて、YKKAP株式会社が第6類(建築用又は構築用の金属製専用材料,金属製建造物組立てセット)、及び第19類(陶磁製建築専用材料・れんが及び耐火物等)で商標登録がされています(登録番号第2598798号)。

この様に、区分が異なれば、原則的には商標の効力は及びません。(なお、更に詳しい商標の範囲は別のコラムで書くことにしますが区分が異なっていても類似しているとして効力が及ぶこともあります。)

 

今回のコラムでは商標とはどんなものか大まかに説明しました。

次のコラムでは、更に深く知っているようで知らない商標について書いていこうと思います。

弁護士 森下裕のその他のコラム

一覧で見る