弁護士 森下裕

著作権のハナシ⑥~著作権とはそもそもどんなもの~

これまで、著作権についてコラムを書いてきましたが、そもそも著作権とはどんなものか、このコラムで簡単にまとめたいと思います。

 

まず、著作権が発生するためには著作物であることが必要になります。

著作物とは、「著作権のハナシ①」でも説明しましたが、

「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(著作権法第2条1項1号)とされています。

 

著作物であるものには、著作者に著作権が認められますが、著作権の内容としては、著作者の権利である、①財産権としての著作権、②著作者人格権、そして、著作者ではない者の権利である、③著作隣接権があります。

 

①財産権としての著作権については、著作物といっても、完全に自分のものであるというわけではなく、著作権法は、支分権として、著作物に認められる権利を限定しています。(とはいえ、一般的に想像するほとんどの権利を認めており、時代とともに多種多様な権利が認められるようになってきています。)

この支分権には、主なものとして、複製権、上演権及び演奏権、上映権、公衆送信権、口述権、展示権、頒布権、貸与権、翻訳権があります。

 

②著作者人格権には、公表権、氏名表示権、同一性保持権、そして、名誉声望保持権があります。

 

③著作隣接権には、実演家の権利、レコード製作者の権利、放送事業者の権利、有線放送事業者の権利があります。

 

下記JASRACのHPに、わかりやすく表になっているものがありますので、参考にしてみてください。

https://www.jasrac.or.jp/copyright/outline/

 

以上のように、著作権といっても、さまざまな権利が規定されています。

 

そもそも著作権とはどういうものなのか、少しは知ってもらえて興味を持っていただければ思います。

弁護士 森下裕のその他のコラム

弁護士 森下裕のコラム一覧