交通事故のご相談は伏見総合法律事務所まで

交通事故法務の知恵袋(弁護士 玄政和)

自賠責の後遺障害等級以上の後遺障害等級又は後遺障害等級に対応する以上の労働能力喪失率を認めた事例

-はじめに   自賠責において,交通事故により負った障害について,一定の後遺障害等級が認められた場合,当該等級に応じた労働能力喪失率に基づいて,損害項目のうちの一つである逸失利益が算定されます。   […]

様々な損害項目について

-損害項目について    交通事故による損害は,治療費,慰謝料,休業損害,後遺障害による逸失利益といった,一般的によく論じられるもの以外にも,様々なものが考えられ,交通事故との因果関係が認められ,支出の必要性と相当性のあ […]

交通事故と労災保険

-労災事故について   交通事故は,勤務中に発生(業務災害)することもありますし,通勤中に発生(通勤災害)することもあります。このような場合,被害者は,労災保険によって,療養(補償)給付等を受けることができます […]

傷害と事故との因果関係 -事故から一定期間経過後に受診した場合,事故から一定期間経過後に症状を発症し又は症状が悪化した場合-

交通事故の被害者の,事故によりケガを負ったことを理由とする加害者への損害賠償請求が認められるためには,そのケガが交通事故によって生じたこと,すなわち,傷害と交通事故との因果関係が必要となります。   ところが, […]

Pagetop