離婚・親権等

弁護士 牧野誠司

養育費に関する事件

離婚後の元夫が多額の収入があるのにもかかわらず、数万円しか養育費を支払わないと主張していたケースで、最終的に、毎月25万円の養育費の支払いを得られるようにした事例もあります。このケースでは、相手方が和解に応じず、他方で、相手方の収入源がはっきりしていたことから、調停、審判、強制執行まで全て実施し、上記のような結果に到達しました。ご依頼者は、ご相談時はどうしていいかわからない状況でしたが、当事務所に依頼いただき、その後はすべて当事務所にお任せいただくことになってストレスからも解放されたようです。

ご相談事例一覧に戻る