弁護士紹介

弁護士玄 政和

ご依頼者様にとって最も良い解決は何かを第一に考え、行動することを心がけています。

韓国法、韓国語対応が可能であり、韓国の取引先との間の契約書作成(韓国語での契約書作成可能)や、在日コリアンの遺言相続法務、韓国人・韓国の会社との紛争案件等、多くの韓国法務案件に携わってきました。京都では、韓国法務、在日コリアン関係の分野に対応できる数少ない弁護士の一人であると自負しています。

それ以外にも、企業様や個人事業主様の法務サポート(契約書・定款・就業規則等の書面作成・チェック、債権回収、新規ビジネスの適法性リサーチ等)、個人の民事案件(相続案件、交通事故、離婚、債務整理等)等、幅広く対応させていただいております。お困りの点がございましたら、お気軽にご相談ください。

玄 政和

詳細情報

主な取扱分野
一般民商事、家事、刑事、韓国法務
経歴
  • 2008年(平成20)年3月

    京都朝鮮高級学校 卒業

  • 2012年(平成24年)3月

    朝鮮大学校政治経済学部法律学科 卒業

  • 2014年(平成26年)3月

    京都大学法科大学院 卒業

  • 2014年(平成26年)9月

    司法試験 合格

  • 2015年(平成27年)12月

    司法修習修了(68期)
    弁護士登録(京都弁護士会)

  • 2016年(平成28年)1月

    弁護士法人伏見総合法律事務所 入所

取扱言語

日本語、朝鮮(韓国)語

趣味等

中学・高校時代にバスケットボール部に所属しており,現在でも学校のOBでチームを組み、バスケットボールを楽しんでいます。心身のリフレッシュ、健康維持のために、今後も継続していきたいと考えております。
また、当事務所の周辺には酒蔵が多いので、休日には、仕事に支障が出ない程度にじっくりと日本酒を楽しみたいと思います。